10連休の伊勢神宮 88万2000人参拝 改元効果で前年比2.2倍 三重

【大勢の参拝者でにぎわう伊勢神宮=伊勢市の内宮宇治橋前で】

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮は7日、改元に伴い10連休となった4月27日―5月6日までの参拝者数を発表した。対前年比2・2倍の約88万2千人。伊勢神宮は「上皇さまへの感謝や天皇陛下の即位を祝い、神宮を訪れた人が大幅に伸びた」と分析している。

内訳は平成最後の4日間が31万8千人(同2・4倍)。令和になってからの6日間は56万3千人(2・1倍)だった。5月1日が最も大きく増え、17万4千人(5・1倍)が参拝した。

今年1―4月の各月の参拝者数は、いずれの月も前年を上回っており、4月末時点で合計40万9千人の増という。