地域と交流「ふれ愛まつり」 横浜ゴム三重工場でステージや出店にぎわう

【来場者で賑わう会場に登場した工場キャラクター「くろじかくん」=伊勢市御薗町の横浜ゴム三重工場で】

【伊勢】伊勢市御薗町の横浜ゴム三重工場で3日、恒例の「ふれ愛まつり」が開かれ、ステージイベントや出店を楽しむ地域住民でにぎわった。

地域との交流を目的に開き26回目。敷地内のメイン通路沿い約300メートルに植栽されているツツジを楽しんでもらおうと始まった催しで、今年もピンクや白色の花が咲きそろった。

森本剛央工場長は開会のあいさつで「この地で操業できるのも地域の理解と協力のおかげ。楽しんでいってください」と呼び掛けた。会場には、従業員による飲食などの出店が並び、工場のキャラクター「くろじかくん」やご当地ヒーローイセシマンも登場。ステージでは、皇學館大学生や地元ダンスチームの踊り、子ども向けのキャラクターショーなどがあり、家族連れらが楽しんだ。