伊勢神宮記帳所に長蛇の列 見込みの倍11万5000人

【記帳所に並ぶ長蛇の列】

【伊勢】改元に伴い平成への感謝を示そうと、伊勢市などでつくる御大礼奉祝委員会が伊勢神宮内宮前などに設けた記帳所について、委員会は30日、受付を終了し、記帳者数を約11万5000人と発表した。見込みの倍以上の人が訪れ、委員会は「両陛下への強い感謝の念が浮き彫りになった」と話している。

委員会は4月1日―30日、伊勢神宮内宮宇治橋前と市役所に記帳所を設置。5万人の記帳を見込んだが、宇治橋前には伊勢神宮を参拝する人らの長蛇の列が度々でき、予想を大きく上回った。

会長を務める鈴木健一市長や委員長の上島憲伊勢商工会議所会頭ら関係者約30人がこの日、報告のため内宮を参拝。委員会は今後、宮内庁に記帳を提出する。

また、委員会は10月22日から同月末まで、新天皇陛下の即位を祝う記帳所を宇治橋前と市役所に設置する。