FC伊勢志摩、快勝スタート サッカー東海社会人リーグが開幕

【後半早々同点ゴールを決めるFC伊勢志摩の石場大豊=伊勢フットボールヴィレッジで】

サッカーの東海社会人リーグが28日開幕し、10月まで約5カ月間にわたる熱戦の幕が開けた。東海4県から1部に8チーム、2部に8チームが出場し、2回総当たりで対戦する。1部優勝チームは、JFLの来季昇格チームを決める全国地域チャンピオンズリーグに進むことができる。

この日は1部3試合があり、ホームで開幕を迎えたFC伊勢志摩はトヨタ蹴球団(愛知)に4―1で快勝した。前半終了間際に先制点を許し0―1とリードされたが、後半開始早々にFWの石場大豊選手が同点ゴールを決めると、これを皮切りに15分間で3連続得点を挙げて逆転した。

中盤からはこの日限りでの引退を表明していたMFの飛弾暁選手が上松幹選手との交代で出場。試合終盤にアシストを決め有終の美を飾った。

金守智哉監督は「前半は選手の勢いがあまりなかったが、後半に入りチャレンジ精神を持って臨んでくれた。我々は王者ではないので、次の試合も気を引き締めていきたい」と語った。