春の行楽期 三重県内の主要幹線道路 渋滞減少見込み

三重県警は、ゴールデンウィークを含む春の行楽期(4月26―5月6日)の県内主要幹線道路の交通渋滞予測を発表した。3月の新名神亀山JCT(ジャンクション)―四日市北JCT間(約23キロ)開通や、大型連休化に伴う移動の分散化などにより、例年より渋滞区間は減少すると見込んでいる。

渋滞のピークとして、伊勢湾岸自動車道では4月28、29日と5月2、3日の4日間にわたり、伊勢湾岸自動車道下り湾岸長島IC(インターチェンジ)付近を先頭に名港中央IC付近まで最大約10キロの渋滞を予想している。

伊勢市では4月28―5月5日まで、伊勢自動車道伊勢西・伊勢ICを出口規制して県営サンアリーナ駐車場に誘導し、シャトルバスで輸送するパークアンドバスライドを実施する。

県警交通規制課によると、昨年のピークは上下線とも5月4日で、上りは東名阪自動車道四日市東IC付近―芸濃IC付近まで約30キロ、下りでは亀山IC付近―桑名IC付近まで約20キロの渋滞があった。

安達一人同課次長は「あくまで予測なので、余裕を持って計画を立てていただき、安全運転をお願いしたい」と話した。