伊勢の二見興玉神社 こいのぼり奉製進む こどもの日に向けて 三重

【こいのぼりの奉製作業を進める舞女ら=伊勢市二見町江の二見興玉神社で】

【伊勢】5月5日のこどもの日を前に、三重県伊勢市二見町江の二見興玉神社で、こいのぼりの授与(600円)が始まっている。神職や舞女らが奉製作業を進めていて、今月末までに700本を用意する。

こいのぼりは黒とピンクの2種類で、長さ約70センチ。今月初めから作業が始まり、舞女らが長さ90センチ、直径約8ミリの木製の丸棒にカラーテープを巻き、こいのぼりや短冊を取り付けている。

26日には、地元の子どもらの健やかな成長を願い、町内3保育園の園児らにこいのぼりを贈る予定。