8選挙戦きょう投開票 深夜に大勢判明、候補者ら審判待つ 三重

統一地方選後半の三重県の朝日町長選と5市町議選、2市町議補選が21日、投開票される。運動最終日の20日、各地の候補者らは街頭演説などで有権者に支持を訴えた。

朝日町長選はいずれも無所属の新人3人が争う。市町議選が投開票されるのは、四日市、鈴鹿、鳥羽、朝日、川越の5市町。市町議補選は津市と東員町でそれぞれ実施される。

投票は一部地域を除いて午前7時―午後8時まで。開票は最も早い鳥羽市では午後8時から、津市など遅い地域では同9時半から始める。21日深夜までに大勢が判明する見通し。

当日有権者数は津市=22万5581人(男10万7896人、女11万7685人)▽四日市市=25万1281人(男12万4880人、女12万6401人)▽鈴鹿市=15万8192人(男7万8487人、女7万9705人)▽鳥羽市=1万6023人(男7425人、女8598人)▽東員町=2万757人(男1万139人、女1万618人)▽朝日町=8004人(男3927人、女4077人)▽川越町=1万1602人(男5860人、女5742人)。