桑名 白鯨、搭乗者5万5000人に ナガシマのハイブリットコースター 三重

【5万5000人目となった桃園さん(右端のピーターラビットの隣)=桑名市長島町浦安のナガシマスパーランドで】

【桑名】三重県桑名市長島町浦安の遊園地、ナガシマスパーランドで3月28日に登場した国内初のハイブリットコースター「白鯨(はくげい)」の搭乗者数が19日、早くも5万5000人に達した。

5万5000人目となったのは、大阪府松原市の鶴園桃華さん(21)。高校時代の友人と2人で訪れ、記念品として、遊園地の年間パスポートがペアで贈られた。「(5万5000人目には)びっくりしたけどめっちゃ楽しかった。もう1回乗りたい」と笑顔で話した。

木と鋼鉄を組み合わせた新型のコースター「白鯨」は全長1530メートル。最高部の高さは55・0メートル、最大勾配は80度で、最高時速107キロで急降下する。

遊園地を運営する長島観光開発の水野正信社長は「白鯨はスリルがあって面白い。さらに多くのお客さまに楽しんでいただきたい」と話した。