尾鷲で食べ飲み歩きを 来月18日「コツまみバル」 42店舗参加、チケット販売 三重

【尾鷲旬のコツまみバルをPRするポスター=尾鷲市朝日町の尾鷲商工会議所で】

【尾鷲】飲食店を食べ飲み歩くイベント「尾鷲旬のコツまみバル」(尾鷲商工会議所主催)が5月18日、三重県尾鷲市街地で開かれる。尾鷲商議所や熊野市と紀北町の観光協会などで前売り券を販売している。

市の活性化を目的に平成25年から毎年開き、今年で7回目となる。市内を中心に津市、松阪市、奈良県などから42店舗が参加する。

チケットは1冊5枚つづり。1枚で一品料理と飲み物を味わえる。前売り券は1セット3千円で950セット用意。当日券は1セット3500円。問い合わせは尾鷲商議所=電話0597(22)2611=へ。

使い終わった半券を当日本部に持って行くと、先着順で200人に海産物店「大瀬勇商店」のカツオとタイの薫製のどちらかをプレゼントする。

同市出身の漫画家でおわせ観光大使のあなしんさんが星空を背景に男女4人がバルを楽しむデザインのポスターを作成した。