「津カルタ」作成へ 浅田さんが写真撮影 モデルの市民募集 三重

【モデル募集をPRする若林社長(左)と津市職員=津市役所で】

【津】三重県津市の津カルタ実行委員会(池村祐樹実行委員長)は、同市の魅力発信のため、市内の名所や名物などを題材とした「津カルタ」を作る。かるたのモデルとして出演する市民を5月16日から募集する。

絵札は46枚、シーンに応じて「家族1組」や「子ども5人」といった応募条件がある。実行委は同市栗真小川町の電力事業会社「ミエアカリ」と、同市高茶屋の企画会社「FAMIE」で構成。FAMIEの若林祐基社長は「津に興味を持つきっかけになるユニークなものを作りたい」と話している。

6月末から8月末の間に同市出身の写真家浅田政志さんが撮影する。浅田さんは平成21年に写真集「浅田家」で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。「浅田家」などが原案で二宮和也さん主演の映画「浅田家(仮)」が来年公開される。

6月14日締め切り。市役所などで配布する応募用紙に申し込み者の写真を添えて応募。シーンの題目や応募条件はFAMIEホームページ(http://famie.jp)で掲載する。応募用紙の配布、題目・応募条件の掲載ともに5月16日から。