イオン桑名 県内最大のトランポリン 屋内アスレチック、きょうオープン 三重

【トランポリンを楽しむ子どもら=桑名市新西方で】

【桑名】三重県桑名市新西方のイオンモール桑名に18日、屋内アスレチック施設「SPACE ATHLETIC〝TONDEMI KUWANA〟(スペースアスレチック〝トンデミ クワナ〟)」がオープンする。県内最大級のトランポリンエリアを備え、天気や気温を気にせず、子どもから大人まで楽しむことができる。

バンダイナムコアミューズメント(東京)が運営する施設で、千葉、東京に次いで国内3カ所目。東海地区で初出店となる。

施設は約2500平方メートルの広さのフロアに、「トランポリン」「スポーツアトラクション」「クライミングウォール」「ロープウォーク」「エアーラン」「ペダルカート」と、2歳から対象の小さい子ども向けの「キッズ」の7つの体験エリアがある。

同社施設開発部マネジャーの吉田和誠さん(43)は「〝スポーツアトラクション〟など、ここ(桑名)だけしかないアトラクションもある。ぜひ体験してみてほしい」と話していた。

利用できるのは、身長110センチ以上、体重20―120キログラムまでの人。利用料は、2時間で2400円(初回に500円の登録料が必要)。保護者の入場料は500円、キッズエリアの利用料は800円。営業時間は午前10時―午後9時で不定休。