松阪市長選 しがらみのない政治を 海住氏が公約発表 三重

【公約を発表する海住氏=松阪市役所で】

【松阪】任期満了(10月3日)に伴い9月8日投開票される三重県の松阪市長選に無所属で立候補を表明している元塾経営、海住さつき氏(53)=同市西町=は12日、市役所で市長選公約を発表した。

キャッチフレーズは「政治の主役はあなたです!」。「こんな政治家をめざします」として、「しがらみのない政治を実現するため、完全無所属を貫きます」「市長の給与50%カット(月額49万6500円)します」など7項目を挙げた。

公約は「市民の声を市政に反映するため、『市民プレゼンデー』を導入し、直接、政策提言できる場を作ります」「住民協議会と自治会の役割分担を明確にし、参加しやすい組織づくりをすすめます」など10項目。

海住氏は争点に「しがらみがあるのがいいのか、市民参画できるか」を挙げた。

海住氏は伊賀市出身。東京女子大学卒業。ベネッセコーポレーションを経て平成7年に市内に学習塾を設立した。夫は海住恒幸市議(60)。

市長選には竹上真人市長(56)が再選を目指して出馬表明している。