鳥羽市議選 15人で選挙戦か 三重

【鳥羽】任期満了(30日)に伴う三重県の鳥羽市議選(定数14)が14日、告示される。現職11人、新人4人の計15人が立候補を予定しており、選挙戦となる見通し。21日に投開票される。

立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで、市役所の総務課会議室で受け付ける。投票は21日午前7時から午後6時、離島の神島は午前6時半から午後6時まで、公民館や集会所など市内26カ所で。午後8時半から、市民文化会館(同市鳥羽三丁目)の大会議室で開票する。

期日前投票は15日から20日の午前8時半から午後8時まで、市民文化会館4階の第2小会議室、離島4島は20日午前8時半から午後5時まで、各島内のコミュ二ティセンターなどで受け付ける。

3月28日現在の選挙人名簿登録者数は1万6340人(男7584人、女8756人)。平成27年の前回市議選の投票率は73・97%だった。