新人らビジネスマナー学ぶ 亀山で研修、10事業所から参加 三重

【社会人としての心構えを話す向原代表取締役(左端)=亀山市東御幸町の亀山商工会館で】

【亀山】三重県の亀山商工会議所(岩佐憲治会頭)は11日、亀山市東御幸町の亀山商工会館で、ビジネスマナーインストラクター派遣やイベント企画など運営している「オフィス・ワン・ツー・テン」(伊勢市藤里町)の向原千草代表取締役を講師に招き「ビジネスマナー研修会」を開き、市内10事業所から新入社員17人と勤続20年以上の2人の計19人が参加した。

同研修会は、企業の一員としての自覚とビジネスの場での具体的なマナーや、エチケットなど基本的な知識と心構えを身に付けるのが狙い。参加者らは、接客や電話の応対、あいさつなど実践マナーの基本を学んだ。

社会人として実践する5原則について向原代表取締役は「あいさつ、表情、身だしなみ、言葉使い、態度に気を付けること」と述べ、「社員は会社の『顔』という意識を持ってください」と話した。尊敬、謙譲、丁寧語など言葉の使い分けなども指導した。

堀田スポーツ開発(同市東御幸町)に入社した、薮内真子さん(20)は「研修で学んだことを実践し、皆から信頼を得られるよう励みます」と話した。