伊勢市立桜浜中が開校 豊浜、北浜が統合 「愛される学校に」 三重

【開校式で校旗を披露する鈴木市長(左)と中辻校長(右)=伊勢市植山町の桜浜中学校で】

【伊勢】3月末で閉校した三重県の伊勢市立豊浜、北浜両中学が統合して誕生した桜浜中学校=同市植山町=の開校式が8日、同校であった。2、3年生の生徒157人と関係者らが出席し、新たな門出を祝った。

学校名の桜を配した校章が入った真新しい校旗が、鈴木健一市長から中辻浩行校長に手渡された。中辻校長は「2校が果たしてきた役割と伝統を継承、発展させていく。生徒たちと新たな歴史をつくり、地域に愛される学校づくりに尽くす」とあいさつ。生徒代表の3年生杉浦美菜海さんは「期待と緊張。素晴らしい環境の中で新たな伝統をつくる」と誓った。

北浜中卒業生の村林徹也さん、豊浜中卒業生の大仲文毅さんが共同で作詞作曲した校歌を生徒らが合唱し、新しい学校生活のスタートを切った。

9日には、新1年生74人が入学する。