菰野町 「寄り添う看護学んで」 聖十字専門学校で入学式 三重

【宮本校長(右)を前に宣誓する稲垣さん=菰野町宿野の聖十字看護専門学校で】

【三重郡】三重県菰野町宿野の聖十字看護専門学校で8日、入学式があり、第13期生41人が目標に向かって新たなスタートを切った。

新入生一人一人の名前が読み上げられた後、宮本清子校長が入学を許可し、「一日一日を大事にして、共に頑張っていきましょう」と呼び掛けた。聖十字学院の小松幸男学院長は「看護師として最も大切なことは相手の気持ちをくみ取って、寄り添うこと。この学校で経験し、学んでほしい」と式辞を述べた。

新入生を代表して、稲垣朱織(しおり)さん(18)は「人間性を磨き、学業に専念します」と宣誓した。