伊勢 地域福祉の拠点 「げんここるーむ」開所 市社協が相談受け付け 三重

【社協サテライト「げんここるーむ」の開所を祝うテープカット=伊勢市小木町のイオンタウン伊勢ララパークで】

【伊勢】福祉活動や情報発信の拠点となる三重県の伊勢市社会福祉協議会サテライト「げんここるーむ」が、同市小木町のイオンタウン伊勢ララパーク2階に開設された。

福祉に関心を持ち気軽に立ち寄ってもらえるよう、市社協が商業施設内に設置。職員2人が常駐し、福祉に関する相談を受け付け、専門機関へ橋渡しを行うほか、ボランティアや介護の相談会、子育て支援のイベントなども実施する予定。ボランティア団体などが利用できる活動スペースもある。施設名の「げんここ」には、「元気な心」への思いが込められた。

開所式が1日にあり、社協や市、地域関係者など約60人が出席した。社協の宮崎吉博会長は「開所時間が長く、土日も利用してもらえる。親しみを持って訪れてもらいたい。福祉の大切さを分かち合い、助け合うことのできる地域づくりを目指したい」とあいさつ。開所を祝うテープカットが行われた。

開所時間は午前10時―午後7時。木曜日と年末年始は休業。

問い合わせは同所=電話0596(65)6120=へ。