宮リバー度会パーク 県産木材の遊具を設置 三重

【宮リバー度会パークに設置した県産材を用いた複合型遊具=度会町大野木の同パークで】

【度会郡】三重県度会町はこのほど、県の交付金「みえ森と緑の県民税」を活用し、同町大野木の宮リバー度会パーク芝生広場ステージ近くに、県産材を用いた複合型遊具1基を設置した。

木製遊具は全長約8メートル、幅約ニメートル、高さ約4メートル。滑り台やロープのつり橋などを備えている。遊具近くには県産材のベンチ3基も設置した。

町産業振興課の辻本健太朗主査(34)は「子どもたちに三重の木に触れてもらい、親しんでもらえれば。宮リバー度会パークにぜひ、遊びに来てください」と話していた。