経営支援へ「総合窓口」 県信用保証協会が新設 三重

【総合窓口発足に伴い、看板を掲げる植田会長(右)ら=津市桜橋三丁目の県信用保証協会で】

三重県信用保証協会(植田隆会長)は1日、中小企業などが抱える経営課題解決に向け、各種支援の相談窓口を一本化した「経営支援総合窓口」を発足した。

人口減少による消費の低迷や経営者の高齢化による後継者不足など中小企業が抱えるさまざまな経営課題について、協会が経営支援をワンストップで行うことを目的に新設する。

また、協会が実施する各種支援事業を一層効果的に運営するため、中小企業診断士の資格者らで「経営サポートチーム」を立ち上げ、体制強化を図る。

同チームは総合窓口を通じて、相談を受けた際は他部署と連携し、相談受け付けから支援完了まで一貫して調整していく。

経営支援総合窓口の直通電話は059(229)6070=へ。