松阪 トランペットで日本一 日本ジュニア管打楽器コン 喜多さんに勲功者表彰 三重

【勲功者表彰状を示す喜多さん(左)と竹上市長=松阪市役所で】

【松阪】第21回「日本ジュニア管打楽器コンクール」ソロ部門トランペットの部高校生コースで金賞を受賞した三重県立松阪高校三年生の喜多麻尋さんは29日、松阪市役所で竹上真人市長から勲功者表彰を受けた。

同コンクールは日本音楽教育文化振興会が主催し、25日に開催。予選会を通過した11人が本選会で競った。

全国大会優勝者らに贈る同市の勲功者表彰は文化関係では3人目となる。

喜多さんは小学校3年生の時、「格好いい」と思ってトランペットを始めた。高校では吹奏楽部で活躍。大阪教育大学に進学する。

喜多さんは「すごく緊張した。これまでお世話になった感謝を思い、恥じない演奏を堂々とやろうと思った」と話し、竹上市長は「全国一番はすごい」とたたえた。