三重県議選 5選挙区 13人が無投票当選

任期満了(4月29日)に伴う三重県議選が29日告示され、17選挙区のうち5選挙区の13人が無投票当選した。

いなべ市・員弁郡(定数2)▽伊勢市(同4)▽松阪市(同4)▽亀山市(同1)▽熊野市・南牟婁郡(同2)―で無投票。前回に比べて3選挙区少ない。

いなべ市・員弁郡選挙区は平成23年から3回連続、熊野市・南牟婁郡選挙区は2回連続で無投票。

松阪市選挙区が無投票となるのは、現在の選挙区分となった19年以降で初。亀山市選挙区は12年ぶり、伊勢市選挙区は8年ぶりに無投票となった。

無投票当選者は現職11人、新人2人。政党の公認は自民6人、三重民主連合2人、新政みえ1人。無所属4人のうち3人は新政みえの推薦、残り1人は推薦を受けていない。