亀山 地域イベントで意見交換 県自治会連がリーダー研修会 三重

【ワークショップ形式のリーダー研修会=亀山市東御幸町の市文化会館内中央コミュニティセンターで】

【亀山】三重県自治会連合会(小河明邦会長・亀山市自治会連合会長)は28日、同市東御幸町の市文化会館内中央コミュニティセンターで第2回「リーダー研修会」を開き、会員ら計65人が参加した。

同連合会は昭和39年度設立。現在、津や四日市、志摩市など11市と紀北町の計12市町が加盟。相互の連携を図り、組織の向上発展と地域住民の福祉増進、豊かな地域社会づくりを目的に活動を展開している。

この日は、ファシリテーターを目指す、地域担い手研修の受講者20人が進行役を務め、参加者らは7班に分かれ、ワークショップ形式で、「若者が興味を示す自治会のイベント」「楽しい交流会をするには」などについて意見交換した。

小河会長は「研修会で得たことを、それぞれの地域でのイベントの参考にしてもらえれば」と話していた。