桑名 478万円だまし取られる 30代女性、融資保証金名目 三重

【桑名】三重県の桑名署は26日、桑名市の30代女性が融資を受けるために登録したサイトを通じて現金約478万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。融資保証金詐欺とみて調べている。

同署によると女性は3月11日、携帯電話から融資会社を検索して氏名や住所を登録して融資を申請。その後、「ライフパートナー」を名乗る男らから「返済可能か確認するために50万円を振り込んで欲しい」などと電話があり、女性は言われるがままに合計29回にわたって現金合計約478万円を振り込んだという。

融資の連絡がないことに不安を感じた女性が同署に相談して発覚した。