知事選で県議選の投票用紙渡す 伊勢市選管、期日前投票でミス 三重

【伊勢】三重県の伊勢市選管は22日、任期満了(4月20日)に伴う知事選の期日前投票で、小俣期日前投票所を訪れた60代男性に、誤って県議選の投票用紙を渡したと発表した。男性の投票は無効となる。

市選管によると、職員が投票用紙の種類を確認しないまま自動交付機に入れていたことが原因。この投票所では男性が最も早く投票し、その直後に職員が交付機を確認して誤りに気付いたという。

市選管は男性に謝罪。竜田節夫委員長は「投票用紙の確認を怠るという基本的なミスで、心から深くおわび申し上げる。職員に事務の内容を再確認させ、チェック機能を強化する」と話した。