火災車両から焼死体 鈴鹿の河川敷、身元不明 三重

【燃えた乗用車=鈴鹿市庄野町で】

【鈴鹿】19日午前2時ごろ、三重県鈴鹿市庄野町の鈴鹿川河川緑地で乗用車が燃えているのを通行人が発見し、一一〇番した。車は全焼し、約30分後に消えた。運転席から1人の身元不明の焼死体が見つかった。

鈴鹿署によると、遺体は運転席に座った状態で発見された。焼損が激しいため年齢や性別は分かっておらず、外傷の判別も付かないという。同署は遺体の身元の確認を急ぐとともに、20日以降に遺体を司法解剖して死因などを調べる。