「スピード感ある市政を」 津市長選 3選目指す前葉氏決起集会 三重

【津】任期満了(4月25日)に伴う三重県の津市長選(4月14日告示、21日投開票)で3選を目指す前葉泰幸氏(56)の決起集会が15日、津市内大門の津リージョンプラザであった。前葉氏は約700人(主催者発表)を前に「手法を凝らし、スピード感のある市政を進めたい」と訴えた。

前葉氏を推薦する自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党の県連代表や三重民主連合の中川正春会長、鈴木英敬知事らが出席。出席者らは後援会青年部の音頭で「ガンバロー」を三唱した。

前葉氏は「質の高い先進的な行政で高みを目指す街にする」「気力、体力ともに充実しているので頑張りたい」などと訴えた。全国に先駆けて小中学校の教室にエアコンを設置してきたと強調。合併前の旧町村単位で働く地域枠職員の採用も掲げた。

後援会の辻正敏会長は「『無投票だから心配しなくて良い』という声が聞こえてくるが、どのような状況になっても揺るがぬ対応ができるよう活動した上で結果を待ちたい」と述べた。