看護の道へ36人巣立つ 菰野町・聖十字専門学校で卒業証書授与式 三重

【卒業生を代表して答辞を述べる安藤さん(前列手前)=菰野町宿野の聖十字看護専門学校で】

【三重郡】三重県菰野町宿野の聖十字看護専門学校で1日、卒業証書授与式があり、3年間の学びを終えた第10回生36人が巣立った。

宮本清子校長が卒業生1人1人に卒業証書を手渡し、「この道を選んで良かったと、自信と誇りを持って言える看護師になって」と、聖十字学院の小松幸男学院長の祝辞を代読した。

卒業生を代表して安藤佳代さん(21)は「多くの人の支えがあって、この日を迎えることができた。しっかりと看護の道を歩んでいきたい」などと、涙ながらに答辞を述べた。

卒業生は全員、県内外の病院に就職する予定で、22日の国家試験の合格発表を待つ。