紀宝町が新年度当初予算案 一般会計62億2600万円 三重

【南牟婁郡】三重県の紀宝町は28日、平成31年度当初予算案を発表した。一般会計は鵜殿小学校、鵜殿運動場の改修工事など大型事業が終わるため前年度比6%減の62億2608万円。特別会計と企業会計を合わせた予算総額は6・2%減の85億7063万円。

歳入は、町税が1・6%減の9億4200万円。地方交付税交付金は0・4%減の23億1346万円。町債は45・3%減の8億4620万円発行し、31年度未残高を88億8464万円と見込んでいる。不足分は貯金に当たる財政調整基金から6億2974万円を取り崩し、31年度未残高見込みは11億2359万円。

新規事業は井内地内駐車場整備事業に2千万円を計上。約2500平方メートルに約百台分の駐車場を整備する。消防団などの「防災行政無線デジタル化更新事業」に1億1千万円を盛り込んだ。