幼稚園に冷暖房 地域職員枠新設 津市長選、前葉氏が政策集 三重

【政策集を発表する前葉氏=津市政記者室で】

【津】任期満了(4月25日)に伴う三重県の津市長選で3選を目指す現職の前葉泰幸市長(56)は27日、市長選に向けた政策集を発表した。幼稚園へのエアコン設置や地域枠職員の採用を掲げた。

前葉氏は市政記者室で記者会見し「将来を見据え一歩先を行く市政を」と題した政策集を発表。幼稚園へのエアコン設置や、旧久居市を除く旧8町村の総合支所で働く地域職員枠の新設などを挙げた。

2期目の実績として、中学生以下の医療費の無料化や小中学校の教室へのエアコン設置を挙げた上で「県庁所在地であり、28万人都市として水準の高いことをやりたい」と意気込みを語った。

また、改元を見据え「新しい時代に津市で生活する市民が幸せに暮らせるようにする。市役所が市民のニーズにスピード感を持って応えていくことが大事だと思っている」と述べた。

前葉氏の後援会によると26日までに自民、公明、国民民主、立憲民主の4党と地域政党「三重民主連合」から推薦を得た。市自治会連合会や連合三重など349団体・組織からも推薦を受けている。

津市長選の告示は4月14日、投開票は同21日。今のところ、前葉氏のほかに立候補の声は上がっていない。