新名神で5台玉突き 亀山JCT付近 男性、足はさまれ搬送 三重

25日午後5時15分ごろ、三重県亀山市両尾町の新名神高速道路上り線亀山ジャンクション(JCT)付近で、大型トラックが前方の大型トラックに追突。弾みでさらに前方の大型トラックなど計5台が絡む玉突き事故が発生した。

県警高速隊によると、最初に追突された大型トラックの男性運転手が運転席に足をはさまれ、四日市市内の病院に搬送された。搬送時に意識はあったという。現場は亀山JCTの約1・3キロ手前にある片側二車線の見通しの良い直線。この事故の影響で、甲賀土山インターチェンジから亀山JCT区間で約4時間の通行止めが発生した。事故原因は調査中。