津 経ケ峰の風力建設反対 「愛する人の会」など 撤回求める署名活動 三重

【経が峰山頂への風力発電所建設に反対する経ケ峰を愛する人の会のメンバーら=津市役所で】

【津】三重県津市の経ケ峰の山頂付近で風力発電所の建設が計画されていることを受けて、建設に反対する「経が峰を愛する人の会」などが25日、建設計画の撤回を求める署名運動を始めた。市内外から署名を募り、鈴木英敬知事と前葉泰幸市長に提出する。

風力発電所の開発を手掛ける「グリーンパワーインベストメント」(GPI、東京・港)が計画している。同社の計画によると、経ケ峰の山域に出力約3千キロワット、高さ約145メートルの風力発電機を24基設置する予定。総出力は最大7万2千キロワットとなる見込み。

呼び掛け人の長坂基史さん(52)らが市役所で記者会見し「建設されると市内の広範囲から見え、景観が損なわれる。建設で豊かな自然が破壊され、環境に悪影響を与える」と懸念を示した。「経ケ峰を愛する一人でも多くの人に署名してほしい」と呼び掛けた。

同会によると、すでに2団体など百人ほどが呼び掛けに賛同しているという。賛同者で近く「経ケ峰を愛する会」を立ち上げる。署名は4月中旬まで受け付ける。

問い合わせは、事務局の長坂さん=電話059(268)5220=へ。