菰野町 エロール・ル・カイン作品一堂に 英国の絵本作家、パラミタミュージアムで企画展

【作品に見入る来場者=菰野町大羽根園のパラミタミュージアムで】

【三重郡】〝イメージの魔術師〟と呼ばれた英国の絵本作家、エロール・ル・カイン(1941―89年)の作品を集めた企画展が23日、三重県菰野町大羽根園のパラミタミュージアムで始まった。3月31日まで。

「キャベツ姫」「キューピッドとプシケー」「おどる12人のおひめさま」「魔術師キャッツ」などの絵本で知られるル・カイン。会場には、絵本作品の原画や未使用原画、スケッチした下絵のほか、写真や直筆の手紙などといった資料も合わせ計181点を展示している。

シンガポールで生まれ、幼少期をインドで過ごし、15歳にして単身で英国に渡ったル・カインが描き出す作品は、東洋と西洋の美術様式を巧みに融合させた幻想的な絵と豊かな色彩、細密な描写と大胆な構図で注目された。

入場料は一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下は無料。問い合わせは同ミュージアム=電話059(391)1088=へ。