松阪ガンガン宣伝して 赤飯さんと村上さん 市ブランド大使に委嘱 三重

【竹上市長(中央)から松阪市ブランド大使を委嘱された赤飯さん(左)と村上さん(右)=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市は21日、同市出身のロックバンド「オメでたい頭でなにより」ボーカル赤飯さんと、同市在住の児童文学作家村上しいこさんに同市ブランド大使を委嘱した。任期はいずれも2020年3月末まで。同大使は18人となる。

赤飯さんのバンドは3年前にメジャーデビュー。赤飯さんは「生まれも育ちも松阪。思い入れが強く、恩返ししたい。音を通して『音返し』」と意気込んだ。

村上さんは野間児童文芸賞や日本児童ペンクラブ少年賞など受賞多数。最新作はシリーズ「へんなともだちマンホーくん」の「マンホーくんとあやしいえんそく」(講談社)。松阪木綿のスカート姿の村上さんは「松阪木綿はプレゼントでよく使う。広げていきたい」と話した。

竹上真人市長は「赤飯さんには番組でガンガン宣伝してほしい。村上さんは児童文学大作家。マンホーくんシリーズに松阪市が出てくるといいな」と期待。委嘱状とともに、ふるさと納税寄付金のQRコード入り名刺や松阪木綿の名刺入れなどを渡した。