陸自久居が部隊派遣 豚コレラ防疫で岐阜・瑞浪市に 三重

【豚コレラの防疫支援に出発する部隊=津市久居新町で】

【津】家畜伝染病「豚コレラ」の感染が拡大している問題で、陸上自衛隊久居駐屯地(三重県津市)は19日、新たに豚コレラの感染が発覚した岐阜県瑞浪市に部隊を派遣すると発表した。豚コレラの防疫支援で派遣するのは同県恵那市に次いで2回目。

駐屯地によると、岐阜県から同日、部隊が所属する第10師団(名古屋市)に災害派遣要請があった。派遣されるのは、同駐屯地の第33普通科連隊の隊員37人と高機動車など7台。殺処分された豚の運び出しや養豚場の消毒作業に加わる。

19日夜、駐屯地から車両7台が一斉に出発。名古屋市の守山駐屯地を経由し、岐阜県瑞浪市の養豚場に向かった。