高血圧、わかりやすく 内科医の黒田誠氏 桑名で健康セミナー 三重

【講演する黒田氏=桑名市常盤町で】

【桑名】三重県の桑名商工会議所(中澤康哉会頭)は18日、桑名市常盤町の市総合福祉会館で健康セミナー「わかりやすい医療シリーズ 地域のドクターから地域の皆さまへ」を開いた。シリーズ第1回は「高血圧について」と題して「くろだファミリークリニック」院長の黒田誠氏が講演し、約60人の参加者は熱心に聞き入っていた。

黒田氏は「偏った食事、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒などにより、脂質異常症、高血圧、糖尿病になりやすいほか、生活習慣病、メタボリックシンドロームにより動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中のリスクになる」と強調。その上で「家庭で血圧を定期的に測定することが大事で、一番大事なのは上の血圧(収縮期血圧)を上げないようにすること。減塩や食事に気を付け、肥満にならないように運動を心掛けよう」と呼び掛けた。

黒田氏は桑名市出身・在住で、三重大医学部卒。市内で開院し、総合内科、消化器内科、肝臓、内視鏡内科の専門医として活躍している。

同商議所では、市社会福祉協議会との共催で、会員の協力も得て、隔月で健康セミナーを開催。第2回は4月13日に同所で「ペルソナ脳神経外科クリニック」院長の棚澤利彦氏が「なかなか治まらない痛みの話」と題して講演する。