美し国三重市町対抗駅伝 桑名市、大会初の連覇

【一斉にスタートする1区の女子小学生ランナーたち=津市の県庁前で】

第12回美し国三重市町対抗駅伝(同実行委員会主催)は17日、津市広明町の三重県庁前から伊勢市宇治館町のスポーツの杜伊勢陸上競技場までの10区間42・195キロで県内29市町が参加して行われ、2時間16分29秒でゴールした桑名市が大会初の連覇となる2年連続3回目の総合優勝を果たした。

町の部は2時間20分42秒でフィニッシュの川越町が5年連続6回目の優勝。中学生女子が対象の3区(3・83キロ)では松阪市代表の嬉野中2年、澤井風月が自らの持つ区間記録を27秒縮める12分25秒の区間新記録を樹立した。

桑名市はジュニア女子対象の9区で、桑名高2年の垣内瑞希が区間2位の健闘で総合1位に躍り出ると、20歳以上男子が対象のアンカー区間で実業団チームNTN所属の竹内颯が首位を守りきった。

女子実業団チーム、デンソーの3選手の連続区間賞の走りで追い上げたいなべ市が桑名市と25秒差の2位に入った。

総合成績は次の通り。

【市の部】①桑名市(内田里恋、水谷健斗、森田日世莉、水谷柊斗、小林崇幸、佐藤榛紀、松本七海、古橋亜巳、垣内瑞希、竹内颯)2時間16分29秒②いなべ市2時間16分54秒③四日市市2時間17分5秒④鈴鹿市⑤亀山市⑥志摩市⑦松阪市⑧伊勢市⑨名張市⑩津市⑪伊賀市⑫鳥羽市⑬尾鷲市⑭熊野市
【町の部】①川越町(前田絢希、松野央典、松野心春、加世堂懸、星野友哉、端野光将、石川凜、山下紗季、加世堂遥、秦駿介)2時間20分42秒②菰野町2時間20分51秒③紀北町2時間26分51秒④東員町⑤多気町⑥度会町⑦朝日町⑧明和町⑨紀宝町⑩玉城町⑪木曽岬町⑫御浜町⑬大台町⑭南伊勢町⑮大紀町