松阪 バレイショの育て方学ぶ 農業屋で家庭菜園教室 三重

【スタッフに質問する参加者=松阪市川井町農業屋松阪インター店で】

【松阪】クラギ(三重県松阪市川井町、竹内秀樹社長)は17日、自社の展開する農業屋松阪インター店で「春バレイショの育て方」をテーマに無料菜園教室を開催し、家庭菜園を楽しむ12人がバレイショの生育方法や栽培のコツについて学んだ。

この菜園教室は、家庭菜園に挑戦する人を応援したい、家庭菜園を楽しいものであると広げていきたいという趣旨のもと平成23年から行われている取組みで、季節によって異なったテーマを扱い定期的に開催されている。

教室では、スタッフが種イモの植え付け方や肥料を与える間隔、こまめな土寄せが必要であることなどを説明。参加者らは日当たりの加減や、追肥のタイミングなどについて質問を行いながら熱心にメモを取っていた。

教室に参加した松阪市に住む70代の男性は「昨年から家庭菜園をしている。説明もわかりやすく、今後の参考にしたい」と話した。