志摩高生「詐欺注意」 チョコクロワサン配り啓発 三重

【買物客(右)にチョコクロワッサンを配る志摩高生=志摩市磯部町で】

【志摩】三重県立志摩高校(志摩市磯部町)の生徒有志でつくる高校生ボランティア「アフターG7」の10人は14日、同市穴川のスーパーで鳥羽署の特殊詐欺防止啓発活動に参加。バレンタインデーに合わせ、市内の製パン会社が提供したチョコクロワッサンを買物客に配布した。

チョコクロワッサンを入れたビニール袋には「チョっと待て。コの電話おかしいぞ!」と、チョコレートにちなんだ啓発文を印刷したシールを添付。

防犯と交通安全を祈願した紙製のハート型絵馬を袋に貼り付け、バレンタイン気分を演出した。