桑名市 減額補正9億8642万円 3月補正予算案 三重

【桑名】三重県桑名市は12日、今年度3月補正予算案を発表。一般会計は、実績見込みに基づく歳入・歳出予算の整理などにより、9億8642万円6千円の減額補正で、補正後予算額は527億5897万7千円。20日からの市議会定例会に提出する。

主な事業として、国庫補助事業採択に伴い空調設備整備事業に2960万4千円、湛水防除事業に910万円、桑名駅自由通路整備事業の進捗に伴う減額補正及び財源更正で11億3785万8千円など。

将来予測される支出に備え、特定目的基金を中心に基金積立ても実施。財産売払収入の基金への積立として、多度第2工業団地第1公園売却収入から産業振興基金に1億2千万円、財政調整基金に1億2千万円、サンファーレ北館売却収入からにぎわい創出基金に1億6200万円、財政調整基金に1億6200万円、駐車場特会繰入金(末広駐車場売却収入)から公共施設整備基金に9429万2千円、財政調整基金に9429万2千円など。公民連携提案収入(ネーミングライツ)、博物館使用料等(村正Ⅱの増収分)の基金への積立、地方財政法の規定に基づく基金への積立も実施する。