伊勢神宮にあのりふぐ奉納 協議会、大漁と海上安全祈願

【あのりふぐの入った木おけを担いで宇治橋を渡る参列者ら=伊勢市の伊勢神宮内宮で】

【伊勢】志摩市の安乗漁港を中心に水揚げされる天然トラフグ「あのりふぐ」が9日、伊勢市の伊勢神宮内宮に奉納された。

あのりふぐは、志摩半島から伊勢湾、遠州灘にかけての沿岸地域で漁獲される体重700グラム以上の天然トラフグで、三重ブランドに認定されている。

三重外湾漁協安乗事業所や漁業者、旅館組合などでつくる「あのりふぐ協議会」(浅井利一会長)が2月9日を「ふぐの日」と定め、大漁や海上安全を願って奉納を続けている。

竹内千尋志摩市長や協議会関係者約30人がそろいの法被姿で参列。重さ1.5―4キロほどの活きのいいあのりふぐ12匹を木おけに入れて担ぎ、宇治橋を渡って神楽殿に納めた。

同協議会によると、今季は昨年10月から漁が始まったが、天候不良の影響でこれまでの漁獲量は昨年より少なく10トンという。漁は今月末まで続く。

浅井会長(73)は「今年のあのりふぐは丸々していておいしい。ぜひ、志摩に来て食べてもらいたい」と話していた。