前期選抜、2.15倍 県立高校入試志願倍率 三重

三重県教委は1日、県立高校入試の前期選抜志願状況を発表した。全日制は49校115学科・コースあり、募集定員3788人に対し、志願者数は8163人。志願倍率は前年度比0・06ポイント減の2・15倍だった。

学科・コース別で最も倍率が高いのは、川越国際文理で、4・78倍。松阪理数の4・65倍、四日市西数理情報コースの4・60倍が続いた。最低は南伊勢南勢校舎普通の0・15倍だった。

試験は2月7、8の両日に実施し、同15日に合格内定を通知する。

定時制は5校12学科で志願倍率1・15倍、通信制は1校1学科で0・56倍。特別選抜は全日制が1校1学科で0・25倍、定時制が5校12学科で0・44倍。募集定員を定めていない連携型中高一貫教育は2校2学科あり、18人が志願した。