三重県議会 FBで情報発信へ 3月中にもページ開設

【三重県議会のフェイスブックを立ち上げると決めた広聴広報会議=県議会議事堂で】

三重県議会の広聴広報会議(前野和美座長、11人)は31日の会合で、インターネット交流サイトの「フェイスブック」を県議会の情報発信に活用することを決めた。3月中にもページを開設する。

県がデータ放送を本年度末で廃止することを受け、データ放送を活用していた県議会も代替案を検討していた。議会事務局が先月25日の広聴広報会議で、フェイスブックの活用を提案していた。

県議会の日程や主催する行事の告知、定例記者会見の内容、正副議長の動きなどを投稿する。4月から始める予定。ページ上でのコメントは可能だが、原則として返信はしないという。

津村衛委員(新政みえ、3期、尾鷲市・北牟婁郡)は「炎上することはないと思うが、投稿にはダブルチェックが必要」と指摘。議会事務局は「投稿する前に決裁を取るなどして対応したい」と返答した。