女性警官らスキルアップ 三重県警が研修会

【各テーマについて意見交換する女性警察官ら=津市の三重県警本部で】

【津】三重県警は30日、津市栄町一丁目の同本部でこの春の人事異動で昇任予定の女性警察官や職員を対象にスキルアップ研修会を開き、20人が参加した。

女性の幹部登用率拡大に向け、昇任を控えた女性警察官と幹部職員が課題を話し合い解決につなげる狙い。

今年は巡査部長以上の女性警察官14人と、係長(警部補級)以上の一般女性職員6人が出席。講師は警部級の女性警察官7人と課長補佐級(警部級)の一般女性職員2人。4班に分かれ、幹部としての心構え▽部下の指導方法▽仕事と子育て・家庭の両立―をテーマに意見を出し合った。

この春、県警初の女性警視に昇任予定で、講師として参加した教養課の中川恵美子次長(59)は「採用人数が少なく責任も重くなることで昇任に足踏みする女性も多いが、時には力を抜きながら長く続けてもらうことで女性の職域拡大につながる。1人で悩まずに上司や同僚など周囲に相談してほしい」と話していた。

県警警務課によると同日現在、女性の警部補以上の幹部警察官は45人、係長以上の一般職員は68人。