伊勢 副市長と給食楽しむ 小俣小児童、全国週間で招待 三重

【地元食材を使った給食を楽しむ児童と藤本副市長ら=伊勢市小俣町の小俣小学校で】

【伊勢】三重県伊勢市小俣町の小俣小学校で28日、市や学校給食関係者らを招いた招待給食会が開かれ、児童が藤本亨副市長らと給食を楽しんだ。

全国学校給食週間(24―30日)にちなみ、毎年市内の小学校で開いている。この日は、市行政や議会、給食食材に関わる地元の生産者ら13人が招かれた。

歓迎会で、児童らが給食にまつわるクイズや寸劇を披露した後、招待者らは1年生の5クラスに分かれ会食。1年B組の26人は、藤本副市長らと給食を囲んだ。献立は、伊勢市産コシヒカリの麦ごはん、県産の鶏肉と南伊勢町産マイヤーレモンを使った揚げ物、地元野菜のスープなど。

児童と藤本副市長らは、好きな食べ物や苦手な食べ物、学校生活や家族などについて和やかに会話しながら会食を楽しんだ。