7市町のひな飾り巡ろう 来月4日からスタンプラリー 三重

【スタンプラリーへの参加を呼び掛ける各会場の主催者ら=三重県庁で】

三重県内7市町の観光協会などでつくる「美し国三重ひな街道実行委員会」は2月4日―3月16日、「めぐって!三重ひな街道スタンプラリー」を実施する。スタンプを3つ集めると各会場先着200人に記念品を贈る。

7市町では来月上旬から3月上旬まで、中心市街地や商店街でひな人形を飾る。最も多くひな人形を展示する伊勢市二見町では約6千体が並ぶ。7市町の会場を巡ってもらおうとスタンプラリーを企画し、今年で11回目となる。

会場はあげきのおひなさん(いなべ市)▽東海道のおひなさま(亀山市)▽伊賀上野・城下町のおひなさん(伊賀市)▽松阪まちなかお雛さま祭り(松阪市)▽いつきのみやの春(明和町)▽おひなさまめぐりin二見(伊勢市)▽尾鷲おひなまつり(尾鷲市)。3カ所目の会場で菓子や小物など各会場独自の記念品と交換できる。

同実行委の奥野雅則会長は「地域の特性を生かした展示があるので、会場を巡って見比べると楽しいと思う」とアピールしている。問い合わせは奥野会長=電話0596(43)4585=へ。