鈴鹿市 窓口無料化6歳まで 医療費4月1日から 三重

【定例記者会見に臨む末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県の末松則子鈴鹿市長は24日、定例記者会見で4月1日から市内医療機関での窓口負担無料化の適用対象年齢を6歳の未就学児まで拡大すると発表した。現在は3歳まで。

子育て支援が目的。対象は約5千人増え、約1万900人の見込み。新たな対象者に申請不要の受給資格証を3月中旬に郵送する。

市は平成29年4月、県内で初めて市内医療機関での窓口負担無料化を導入した。現在は9市6町で実施し、31年度中に県内全市町で実施する見込み。