鈴鹿 息子かたる男 70代女性が260万円詐欺被害 三重

【鈴鹿】鈴鹿署は23日、三重県鈴鹿市内の70歳代の無職女性が現金260万円をだまし取られる詐欺被害に遭ったと発表した。特殊詐欺事件として調べている。

同署によると、17日から19日にかけ、女性の長男を名乗る男から「投資詐欺に遭い、300万円を貸してほしい」と電話があった。女性は19日までに260万円を用意。男の指示に従い、名古屋市中村区椿町の神社で弁護士の秘書を名乗る男に全額渡した。

長男を名乗る男がさらに100万円を要求したため、女性は22日に同市内の銀行で金を引き出そうとしたが、不審に思った行員が愛知県警に通報し、詐欺が発覚した。