サッカー選手、児童と交流 FC伊勢志摩 東大淀小教室 三重

【FC伊勢志摩の選手とサッカーを楽しむ児童ら=伊勢市東大淀町の東大淀小学校で】

【伊勢】社会人サッカークラブ「FC伊勢志摩」の選手らが指導するサッカー教室が22日、三重県伊勢市東大淀町の東大淀小学校であった。全校児童95人が選手らと交流し、サッカーを楽しんだ。

飛弾(ひだ)暁コーチ(34)と選手ら4人が訪れ、子どもたちに指導。低学年は、鬼ごっこでウオーミングアップした後、パスの練習やミニゲームを楽しんだ。シュートの練習では「ボールをしっかり見ることを意識して」と選手がアドバイス。児童が元気よくボールを蹴り、ゴールに入ると笑顔を見せた。3年生の西村友希君(9つ)は「すごく楽しかった。サッカー選手になるのが夢なので、頑張りたい」と声を弾ませた。

飛弾さんは「サッカーを好きになってほしい。体を動かす喜び、仲間を大切に思う気持ちを子どもらに伝えたい」と話していた。

チームは、県南部で希望のあった幼稚園や保育園、小学校への訪問活動に取り組んでいる。