桑名 終末期治療の知識学ぶ 介護従事者ら100人参加 三重

【事例を交えながらACPについて話す西川さん(後方・左から2人目)=桑名市内堀のもりえい病院で】

【桑名】患者が意思決定できなくなる前に、希望する終末期の治療やケアなどについて信頼する相手と繰り返し話し合う「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の知識を深める学習会がこのほど、三重県桑名市内堀のもりえい病院であった。県内外の医療・介護従事者に加え、一般市民の計約百人が参加した。

医療や介護の現場に立つ医師や看護師、介護施設の管理者の3人を講師に迎えた。このうち、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)医師の西川満則さんは事例を交えながら、ACPの意義を「患者本人の意思が尊重され、残された遺族の心の負担も小さくなる。縁起が悪いと思わずに、まずは家族や身近にいる専門家に相談してみてほしい」と話した。

学習会は、住み慣れた場所で人生の最期まで自分らしく過ごせる社会を目指して活動する「エンドオブライフ・ケア協会東海支部」と同病院とで開いた。

協会の東海支部事務局の岡久美子さんは「自分がどういう最期を迎えたいか、身近な人と話し合って、それを書き残して伝えることが大事」と話していた。