一般入札 三重県、職員住宅跡地など売却へ 津の桜橋

三重県は22日、津市桜橋三丁目の桜橋職員住宅の跡地と隣接する駐車場を合わせた土地約5100平方メートルを一般競争入札で売却すると公告した。最低売却価格は1億4790万円とし、2月15日午後3時まで入札の申し込みを受け付ける。開札は同22日。

売却する職員住宅の跡地は、約4320平方メートル。昭和52年―平成29年1月まで職員住宅として使われた後、建物が取り壊された。くいなどの埋設物は地中に残っている。隣接する駐車場は約790平方メートルで、ブロック塀に囲まれている。

県によると、売却地は津波の発生で最大1―2メートルの浸水が想定される。最低売却価格は不動産鑑定士2者の鑑定の平均で設定した。

問い合わせは、県管財課=電話059(224)2137=へ。